深作 智行  Tomoyuki FUKASAKU

  • 公認会計士(1997年登録)
  • 税理士(1997年登録)
  • 経済産業省認定経営革新等支援機関
  • 1968年生まれ
  • 埼玉県出身
  • (身上)
  • 現場での迅速なサービス
  • 清濁併せ呑んだ柔軟なサービス
  • 一般に専門外とされる、およそ会計や税務と無関係なサービス
  • 同業者が請けないだろう厳しく複雑なサービス

略歴

  • 1991年 早大政経学部政治学科卒業 銀行を3ヶ月で退職し受験生活
  • 1993年 公認会計士二次試験合格(受験2回)監査法人へ
  • 1997年 公認会計士三次試験合格(受験1回) 税理士事務所へ
  • 1999年 コンサルティング会社へ
  • 2001年 独立

人物

  • ユーモア精神を重んじ、常にウケ狙いをしています。
  • 求められないかぎり、職業を名乗ることもなく、仕事の話も一切しません。
  • どんな年下であってもよほど親しくならないかぎり丁寧語で話します。年上や先輩には常に敬語で話します。ゆえにタメ口で話すのはごく一部の人だけです。
  • 聞かれてもいないのに昔話、求められてもいないのに説教話、「忙しいけど〇〇してやった」的な恩着せがましい言動を強く強く戒めております。
  • 「名は体を表す」かどうかはわかりませんが「体型は人を表す」と思ってます。よって、健康維持と体型維持を極めて重んじています。
  • 両利きで、字はどちらかといえば右、絵はどちらかといえば左です。どちらの方向にむかっても字を書くことができます。
  • 「ヒトは必ず老いて死ぬ」「1日24時間」・・・いかに価値観が多様化しフクザツな世の中になっても、あらゆる判断なり決断はこの普遍的にして平等なものを起点にすべきと信じます。

職業観

学生時代は資格試験のお勉強どころか4年間まったくといっていいほど勉強しませんでした。授業は語学と体育とゼミしか知りません。(少なくとも当時は)遊んでも許される学生時代なのに、合格が不確実な難関資格の受験勉強をしている人がまったく理解できませんでした。

もともと人生思うようにならないのが当たり前と冷めてましたが、実際に就職してはじめて「社会人人生がいかに自分の力の及ばない要因で左右されるか」を悟りました。そこで、できるだけ自分の意志で主体的に生きるための術は何かと考えたところ、よく考えずに短絡的に難関資格かなと思ってしまいました。

高い志とか、資格に対する憧れとか、自分がその職業に向いているかどうかなど一切関係なし、世の中わかりやすさが重要と思いました。

大の数学嫌いにもかかわらず会計士試験を選択したのは無謀の極みでしたが、2年しか勉強しないことに決めていたため司法試験よりは合格できる可能性があり、また、簿記の知識があれば受験に失敗しても社会復帰しやすいんじゃないかと考えました。

そんな体たらくですから、多くの同業者とは異なり、職業に対するプライドはなく、ましてや天職などとは思っておりません。正直、いまだに職業選択を誤ったと思ってます。

いっぽうで、逆説的にこの職業でよかったかもしれません。と申しますのも、経理が苦手、経理を軽んじたり疎んじている方に心から共感できるからです。

それに、この職業に誇りを持っている同業者には負けられない、できればギャフンと言わせたいというのもモチベーションのひとつだからです。